東京写真部

(旧 上海写真部)

そろそろNikon1・・・(18) 1 NIKKOR VR 10-30mm f / 3.5-5.6 with J1 ママ下湧水

f:id:hiro2003t:20211010104852j:plain

今日の写真はNikon J1で撮っています。

 

以前、ママ下湧水公園で撮った小川の写真をエントリーしましたが、このときはNikon COOLPIX P310で撮っていました。↓

hiro2003t.hatenablog.com

※因みに先日の八ヶ岳ツーリングで訪問した三分一遊水の写真もCOOLPIX P310です。

 

全てオートで撮影すると、流石にJ1の方がホワイトバランス正確です。

但し、ストロボのG No.(ガイドナンバー)が・・・。

J1の仕様書にはG No. 約5と記載されていますが、COOLPIXの方はG No.では記載されていませんので(まあコンデジですから)、単純に比較はできません。

調光はしているにせよ、J1の方が光量は大きいでしょうから、水面からの反射を心配していたのですが、やはり照り返しが発生していますね。(画面右半分に光が届いていない理由については、長くなるので別のエントリーで)

これ、何とか水中にカメラを突っ込んで、画面の半分の位置に水面が来る様な写真を撮りたいのだけれど。

簡易的にやるには、ジップロックに入れてみるかなあ。

※実験しました・・・orz  透明度の問題でNG。ならばとサランラップを使ってみましたが・・・予想通り水没しました(P310)。現在乾燥中。

 

因みに、Nikon1 V1にはストロボが内蔵されていません。

こういう写真を撮るには、やはりストロボを内蔵したJ1が便利です。こんな写真はファインダー覗いて撮っていないので。

 

(追記)

上の記事を書いた後、COOLPIX P310のセッティングを確認していて気付いた事があります。

このカメラ、ホワイトバランスのセッティング、AUTOでも2種類ありました。

ひとつは標準的なAUTO ホワイトバランスで、もう一つは電球色を残すセッティング。

電球色なので、ハロゲンの色温度3,000K(ケルビン)近辺が持ち上がるセッティングです。

いつも少しノスタルジックな写真にしようと思っていたので、自分のCOOLPIXはこのセッティングで使っていたのを忘れていました・・・。

このカメラで撮った写真が、暖色系なのはこのせいもありますね。(汗!!)

次に撮るときは、ホワイトバランスをいろいろ変えてみます。

こりゃちょっと面白そうだぞ。

自販機グルメ

f:id:hiro2003t:20211010170228j:plain

先週末の午後、久し振りに自転車でゆるポタ。

ここは、東京競馬場の南側側道。

本当に、天高く・・・という青空でした。

 

実は、この近所にグルメな自販機があるんです。(最近のマイブーム)

場所は写真の店名(たま家食堂)で検索して下さい。

東京競馬場の南側、中央高速のすぐそばです。

f:id:hiro2003t:20211010171245j:plain

問題(?)の自販機がお店の右側にありますね。

近くで見るとこんな感じ。

f:id:hiro2003t:20211010171401j:plain

クリック、拡大して確認してみて下さい。

一段目と三段目は全てもつ煮込ですよね。

これが結構イケるんです。

ビールにとことん合います(はい優勝)。

 

実はこの「たま家食堂」、府中市内にもう一店舗あります。

「たま家食堂 美好町店」で、行列で有名な「中華そば ふくみみ」の対面です。

こちらはまだ行った事がありませんが、自販機も置かれている様です。

機会が有ったら是非。

三分一湧水

f:id:hiro2003t:20211009053310j:plain

ここの湧水量はかなり豊富でした。

この豊かな自然の恵みを、三つの村で分けた分岐点がここです。

ちょうど、川崎にある久地円筒分水と同じ役割です。

hiro2003t.hatenablog.com

 

湧水ですから、水の透明度はこの通り。

f:id:hiro2003t:20211009053336j:plain

ここは見ていて飽きなかったです。

 

f:id:hiro2003t:20211009053400j:plain

湧水量が多いので、分水されて小川になると、この速さで水が流れていきます。

三分一湧水館では、野菜の直売所や蕎麦処も併設されています。(並んでましたけど)

www.yamanashi-kankou.jp

 

野辺山の天文台と、ここ(三分一湧水)は八ヶ岳ツーリングに行ったら是非。

イチオシです。

国立天文台 野辺山宇宙電波観測所

f:id:hiro2003t:20211008181902j:plain

ここは見応えがありました。

吸い込まれる様な空の青さと、対照的に無機質な電波望遠鏡の佇まいがとても絵になります。

ここで写真を撮るコツは、背景に何を入れるかだろうと。

宇宙まで見通せそうな青空、森林、そして絵の様な八ヶ岳。

 

f:id:hiro2003t:20211008181922j:plain

写真を撮っていてすごく楽しい場所でした。

バイクでは来られませんが、雪化粧をしたここの景色も撮ってみたいのだけれど・・・。

 

f:id:hiro2003t:20211008181840j:plain

見学は無料ですが、駐車場から電波望遠鏡までは少し歩きます。

ワクワクしながら歩いて下さい。

www.nro.nao.ac.jp

 

JR鉄道最高地点

f:id:hiro2003t:20211008181821j:plain

この近くに府中市立八ヶ岳府中山荘と言う施設があって、小学生の時の林間学校がそこでした。

多分その時ここ来ていると思います。

この写真の外、少しだけ右側に鉄道神社があります。

他には・・・。

ここに来たという事が、この景色とともに大切な思い出になります。

→やっぱりアド街かよ?