東京写真部

僕はピンボケ・・・(旧 上海写真部)

旅に出ます、探さないで下さい・・・(54)

f:id:hiro2003t:20180204065406j:plain

相変わらず、いい加減なタイトルですみません。

明日からVacationに出かけます。

場所は、すこし暖かいところです。

三代目の旅カメラの試写もしてきます。

でも・・・パッキングがまだ終わっていない(汗)

もう少し頑張ります。

 

写真は、数年前のVacationで行ったスペイン・バルセロナ。

右側に見えるのは、コロンブスの像。

Vacation(2) + 旅カメラ(3) + 世界一寒いところ

f:id:hiro2003t:20180212044037j:plain

いろいろ、書き綴りたいことはあるのだけれど、今週末からのVacvationに備えて、仕事の追い込みが続いています。

とにかく、今週中にケリをつけなければならない事がいろいろあって・・・今日も、京都まで日帰り出張をしていました。

 

次は、旅カメラのこと。

Vacationに持って行く旅カメラ決定しました。

結局新規導入をしました。(この写真は先週末に試写したものです。もちろん母校じゃ無いです)

Vacation先で、どの程度写るか確認してきます。(機種名はその時に。コンデジです。)

 

最後は、「世界一寒いところ」の件。

数日前にエントリーしたタイトルですが、韓国は世界一寒かったという話。

平昌オリンピックに関する、一連の報道で、やっぱり寒いんだということが証明されましたよね(笑)

 

ま、とりあえず言いたかった事をズラズラと書き並べてみました。

そろそろ、荷物のパッキングも進めなければ、間に合わなくなりそうです・・・。

※えと、出発は今週の土曜日です。

旅カメラ(2)

f:id:hiro2003t:20180210073716j:plain

2代目旅カメラは、Nikon P310です。

上海赴任の直前に購入しました。

条件は、広角側が換算24mm以下。

実はこのカメラ、モデルチェンジ直後に買ったので激安でした。

¥15,000でSDカード(8GB)付き、だったかな。

上海駐在中に、使い倒しました。

このブログの、カテゴリーで上海を選択すると、ほぼ90%以上はこのカメラで撮った写真です。

問題はフレア。

換算24mm/F1.8は、このレベルのコンデジではさすがに無理がありますよね(笑)

ま、それを分かっていて価格重視で購入したのだけれど。

とにかく、フレアが出そうな逆光場面では注意しました。

 

でも¥15,000ならば、文句も言えないですね。

旅カメラ(1)

f:id:hiro2003t:20180210073723j:plain

少しカメラの話を。

旅に持って行くカメラ = 旅カメラ ですが、

初代はNikion COOLPIX P6000です。

 

この頃、旅といえば殆ど出張だったので、出張先で使える仕様で選んでいます。

と言っても、ビジネスバッグに突っ込んでおいても壊れない、という程度の要求仕様でしたが。

なので、質感(堅牢性)を重視しました。

広角側は、換算28mmからだったと思うので、室内等ちょっと厳しい場面もあったと思います。

ファインダーは実像式ではないので、全く使っていません。

最後は、イメージャー前面にゴミが入って、テレ端で目立つようになったので、写真部の〇〇さんに譲りましたけど。(その他の画角では問題なかったので)

 

しかし、質感は良かったですよ。金属外装で、ビジネスバッグに突っ込んでおいても壊れそうになかったし。

 

これ、北欧出張にも度々持って行ったので、寒いところでも使えましたね。

頑丈そうなところは、さすがNikonという感じです。

そろそろ限界

f:id:hiro2003t:20180114164225j:plain

いい加減にしろよ 💢

な、寒さが続いていますね。

こんな時はお風呂です。

体の芯から温めてくれます。

実は、上海に駐在していた時、半年くらいお風呂に入らなかったこと、結構ありました(笑)

 

今はとにかく温まりたい・・・。

写真は映画、「湯を沸かすほどの熱い愛」の舞台にもなった花の湯。

自分は、盆暮れ正月だけの常連です(笑)