東京写真部

僕はピンボケ・・・(旧 上海写真部)

上海 もうひとつのイスカンダルへ

f:id:hiro2003t:20150829161025j:plain

自分の家は、上海の比較的中心部にあります。(浦西です)

ですから地下鉄4号線(環状線)から外側をイスカンダルと呼んでいます。

ま、距離的にはそんなに遠くないのですけれど、幹線道路をいくつか超えないといけない、と言うだけで、足を運ぶ機会は極端に少なくなります。

古北などはイスカンダルですね。

 

さて、今日はもうひとつのイスカンダル、浦東の話です。

ご存知の様に、上海の真ん中を縦断している大きな川が黄浦江で、その西側が浦西、東側を浦東と呼びます。

もちろん、浦東には毎週の様に通っています。(仕事です)

でも、自転車で行ったのは今日が初めてです。

橋やトンネルは、自転車や人が通れないので、渡る方法は地下鉄、タクシー、フェリーとなりますが、自転車を梱包せずにそのまま運ぶとなると、やはりフェリーです。

南浦大橋の下からフェリーで浦東へ渡り、三林路から再びフェリーで浦西へ。

途中に上海万博会場なんかもあります。

上の写真は中国館です。今は上海美術館がここに移転しています。

 

あちこちとかなり走った印象ですが、地図で確認すると僅か40km程度でした。

 

続く

 

にしようかと思いましたが、面倒なので一話完結にします(テキトーですみません)。

この万博会場は、5年経った今も後片付けが進んでいません。

f:id:hiro2003t:20150830111243j:plain

これは、サウジアラビア館・・・かどうか分かりませんが(テキトーです)。

ま、あまり気にしないで下さい。

そういう訳で、未だに万博の名残が沢山残っています。

 

ただし、ここまで来るには地下鉄駅から徒歩になりますので、かなりきついです。

自転車だから来ましたけれど・・・。

 

この後は黄浦江の東岸をひたすら南下していきます。

何にも無いところをかなり長い間走ります。

もう、この先にフェリーなんか無いのかも・・・と、半ば諦めかけた頃に、三林路のフェリー乗り場に辿り着きます。

この三林路フェリー乗り場は、かなりローカル色が強く、ある意味免疫の無い人は厳しいかもしれません。

でも、一度乗るとクセになる・・・なんて言える人は

 

・・・見習いたいです。

 

えと、今回は下調べも十分でなかったので。いい加減なレポートしかできませんが、次回はちゃんと・・・できるかな??

期待しないでお待ち下さい。