東京写真部

僕はピンボケ・・・(旧 上海写真部)

あの日、あの時・・・

傷跡

今年は台風の猛威に晒されることが多かったですね・・・。 「根こそぎ」という言葉は、普段あまり使う機会が無いのだけれど、この景色を見ると、「根こそぎ」流された樹木が点在していることが分かります。 このフレームの外にも、たくさんの傷跡がありまし…

あの日、あの時・・・一橋大学兼松講堂

意外と知らない人も多いと思います。 第二次世界大戦末期、この兼松講堂は中島飛行機の部品製造工場になっていました。 前後して、多くの学生が学徒動員と呼ばれる徴兵制度で招集されています。 表通りの桜とは裏腹の、悲しい歴史です。

あの日、あの時・・・白糸台掩体壕

掩体壕(えいたいごう)は、簡単に言うと戦闘機の防空壕。 白糸台掩体壕 東京都府中市ホームページ 当時、調布飛行場から近いこの場所に、貴重な戦闘機をかくまっていました。 空襲警報が鳴ると、スクランブル発進・・・。 今と何か違いますか? 領空侵犯を繰り…

あの日、あの時・・・山中坂の悲劇

ここを訪れた時も、本当にのどかな週末でした。 しかしあの日、ここは戦場でした。 総務省|一般戦災死没者の追悼|立川市における戦災の状況(東京都) 失われた42人の命、そしてその中に32人の子供達の命。 これが、戦争です。

あの日、あの時・・・旧日立航空機立川工場変電所

ここ、ご存知ですか? 旧日立航空機立川工場変電所 - Wikipedia 今朝、ここを撮影した時は、本当にのどかな公園の一角という感じでした。 鳥の鳴き声、子供達の遊ぶ声・・・。 でもあの日、あの時ここは戦場だった。 機銃掃射の弾痕は、今でも生々しく残って…

誰もがあの日を忘れない

1989年の今日、6月4日。 あの日、あの時、あの場所で。 今も、何も変わっちゃいない。 新幹線の事故車両を埋めてしまっても、観光船が長江で転覆しても・・・。 報道はプロパガンダの嵐だけ。 人民解放軍って、人民を守るためのものですよね。 その銃口が向…